あーぬんブログ

どうも、あーぬんブログ(Asro Blog)へようこそ! 日常からゲームも含めオールジャンルでやっています! 各SNSリンクは上部のメニューバーより飛ぶことができます。 よろしければ是非登録よろしくお願いしますm(_ _)m

カテゴリ: PC

どうも、お久しぶりです!

あーぬんです☆⌒(*^-゜)v





osu!でイラだってペンを投げた時があった。




そしたら・・・


IMG_8943
ペン芯が潜ってしまった( ^ω^)・・・




まさかこうなるなんて思ってもなかった。





基本ペンは浮かしでやってるが、たまに付いちゃうこともあるので、流石についた時にペン部分に当たると思い、購入決意!





この前のAmazonブラックフライデー



今回もWacomにしようと思っていたけど、流石に新品Wacom高いと思ったしCTL4100使ってる人をそんな見たことない。




osu!するくらいならWacomじゃなくても安いのにするか。







そこで買ったのがXP-PEN G640である。


IMG_9078
繋いだだけでosu!ができちゃう、もはやosu!用ペンタブ。


しっかりとサポートのシールも貼ってある。



まず箱がコンパクトなのが良いです。





IMG_9079
開封するとこんな感じ。







IMG_9080
これが板タブレット。





IMG_9081
付属品はUSBと説明書とペンと替え芯。


替え芯は20本もあるという。もはや追加で替え芯要らないよねw






そのまんまプレイすると板に傷が付くと思い、





IMG_9082
今回はこのフィルムを貼ってみることにした。








IMG_9083
貼るの下手すぎて空気めっちゃ入ったw









IMG_9084
以前使ってたWacomのCTL-480の板と比べてもこの大きさ。



どんだけWacomがデカいかが一目瞭然。



しかし、読み取り範囲はXP-PENの方が広くてスペックも優秀。











感想


来てそんな間もないけど、Wacomと比較してみて、





  • コンパクトである。
  • 値段が安い。
  • 替え芯が多い。
  • 板が薄い。
  • ペンが若干太いし重い。






G640範囲
こちらが新しいG640のペン範囲。

Wacom同様1/4の範囲でプレイ。

わずかに広くなっただけでそこまで変わりはない。





とりあえず、これで慣れていきます!






















ゲームランキング

どうも、あーぬんです☆⌒(*^-゜)v



今回はキーボード編です。










osu!に合ったキーボードとは


osu!は難易度が上がるごとに譜面が難しくなります(当然音ゲーですからw)
このゲームにはストリームと呼ばれる連打の譜面があり、BPMが高ければ高いほど早く打たないといけません。
そのため普通のキーボードだと連打が追いつかなかったりすることもあります。 ModでDTを付ければ尚更です。

そこでおすすめするのがメカニカルキーボードです!




メカニカルキーボードとは


メカニカルキーボードとは、各キーがそれぞれ独立した構造をしているキーボードのことです。
全てのキーが独立しているので、ひとつのキーが破損してしまっても修理をすれば使い続けることが可能です。
また、金属製のバネや機械式のスイッチで作られているので、
耐久性に優れており、しっかりとしたクリック感が得られます。

機能性も高いためいわゆるゲーミングキーボードとして使われることもある。



メカニカルキーボードの軸は様々


赤軸… スーッと押し下がる、軽い押し心地
茶軸… 少しだけ手応えがある、小気味よい押し心地
青軸… カチャカチャ音が大きい、はっきりした押し心地





おすすめは赤軸茶軸


赤軸は軸の中では軽く、反発もあるので押しやすく、疲れにくいです。
なので高速にタイピングするには向いているため、osu!には断然おすすめです。

一方茶軸は押した感じに手応えがあるキーボードで赤軸より少し重めです。
メカニカル初心者には茶軸が良いといいます。メンブレンとそこまで差がない為、こちらもオススメです。




おすすめのキーボードは



















まとめ


その他にもRazerの緑軸オレンジ軸、Cherry社の軸でスピード軸なども存在します。
いろいろな軸があるため一概には言えませんが、初心を見て言うなら赤軸茶軸をオススメ致します。

機能性、耐久性もあり、メンブレンに比べたら高価というデメリットはありますが、買う価値はあります!

さすがゲーミングキーボード


この際、是非参考にしてみてはいかがでしょうか!


















ゲームランキング

どうも、あーぬんです☆⌒(*^-゜)v

osu!をやっているけどなかなか上手くならないとです。



どうしたらいいか分かりませんw



ということで今回久々にosu!記事





今回はデバイス編


といことで書いていきます。






osu!というゲームは無料でできるところが最大の利点ではありますが、






デバイスにお金を掛けるゲームだなと思っています。





なぜなら・・・




osu!の上位プレイヤーもデバイスにはお金をかけているからだw


簡単に言ってしまったけど、実際にはAR9.5以上になってくるとゲーミングモニターじゃないと追いつかないやら、★5以上になってくるとストリームがある譜面が多いので、普通のキーボードじゃ連打が追いつかないなどあるのだ。




僕のやってるもう1つの音ゲーAuditionはそこまでシビアなゲームではないけどねw




ということでデバイスを紹介していきたいと思います。





今回はモニター編だ!













osu!を極めるならゲーミングモニターがおすすめ


先ほど書いたようにAR9.5以上になってくるとモニターが追いつかない。
リフレッシュレートが足らないのだ。



リフレッシュレートとは


リフレッシュレート(垂直走査周波数)とは、液晶ディスプレイの画面全体が1秒間に何回更新されるかを示す数値で単位はHz(ヘルツ)で表されます。
60Hzであれば1秒間に60回画面が更新されていることを示し、数値が大きいほど映像を滑らかに表示させることができます。
静止している映像でもリフレッシュレートに合わせて目では判別できない速度で画面が更新されています。

一般のモニターは60Hzまでだが、ゲーミングモニターだと120Hz以上出るものが多い。
このリフレッシュレートが大きければ大きいほど残像が少なくなり、的が見やすくなるわけだ。



実際は144Hz以上あれば十分OK


主流としては144Hzモニターが多いと思うが、それくらい出れば十分だし、
それ以上リフレッシュレートがあったとしても大して代わりが分からないみたいだ。



おすすめのゲーミングモニター


モニターサイズもありますが、個人的には24インチがおすすめです。
一番慣れてるモニターサイズでやるのが良いと思いますが、24インチでおすすめを紹介していきます。
























まとめ


個人的に24インチをおすすめする理由としては、フルスクリーンでやる分にはちょうどいい範囲だからです。
「FPSをやってるからで大きい画面の方がいい」という人もいると思います。それはそれで良いと思います。
ゲーミングモニターにすれば動作もヌルヌルですし、快適です!


この際参考にしてみてください┏○ペコッ












ゲームランキング

どうも、あーぬんです☆⌒(*^-゜)v


今までHDDでゲームやっていたけど




やっぱSSD( ゚д゚)ホスィ…





そこで今回こちら買いました!




これらの理由でSATAの方にしました。



皆さんも是非SSDで快適にゲームやってみてはいかがでしょうか。






IMG_8656

SATA 2.5 SAMSUNG 870 EVO



ちょい待って!



今時SATAなの?と思うけど、m.2よりかは温度が低く、ゲームするならSATAのほうがいいかなと思い、こっちにしました。






気になる速度なんですけど、



IMG_8664


ちょいと分かりにくいので

このSSDにはRAPIDモードというのが存在し、

RAPIDモード無し
読込  542MB/s 書込 532MB/s

RAPIDモード有り
読込 4393MB/s 書込 4199MB/s


RAPID有りだとなんでこんな爆速なの!?と思われるんですが
100M未満だと爆速の数値になり、1Gを超えるとRAPID無しの本来のスピードに近づくみたいです。

画像や音楽など軽いファイルならRAPID有りで高速化させてみるのも有りかと思います。






まとめ



今回ゲーム用で買ったわけですが
HDDより断然読込速度が速いし、快適!

爆速ならm.2のSSDが断然速いのですが、温度が高いためヒートシンクが必要。
あとゲームではm.2のSSDとSATAのSSDとあまり大差はないらしい。


SATAの方が温度も低く、安価である。

























ゲームランキング



ブログネタ
パソコン、電子機器、デジタル家電商品 に参加中!
どうも、あーぬんです☆⌒(*^-゜)v



実はあーぬんたまにゲーム実況するんですけど





前のマイクがどうも感度悪かったw




ダイナミックマイクを使ってたんですけど、




マイク近づけないと声遠くなる問題あったので




今回こちらを買いました。






IMG_8613

audio-technicaAT2020です。


お値段は10780円でしたかな(^_^;)
覚えてないけどw








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即納可能】audio-technica AT2020(新品)【送料無料】
価格:10780円(税込、送料無料) (2021/5/9時点)





こちらのマイクは

単一指向性
1つの方向に対して最も感度の高いマイクです。





ではお待ちかね



開封の儀!



IMG_8614

こんな感じでしっかりとキレイに収まってますね。







IMG_8615

付属品はマイク本体とそれを固定するものです。




固定するものこれでもよかったのですが、






ちょっと本格的な感じにしたかったので






IMG_8618

Amazonでショックマウントとポップガード買いました。

梱包が雑ですww












IMG_8619

これが完成図です。
なかなか良き!






では実際に使用してみた感想


・少し離れていてもしっかりと声が入っていた。
・クリアな声で録音される。
・ノイズが少なくてよい。



マイクに関しては必要十分な音質でした。



強いて言うならショックマウントとポップガードの



ゴムが心配ww





IMG_8632

特にポップガードの裏側ゴム劣化がちょっと心配です。




それくらいかな・・・・。





こちらのAT2020


オーディオインターフェースに繋ぐことで使用できるタイプで



少しお高いAT2020USB+にするとUSBでの接続ができるのでインターフェースが不要。



さらにゲーム機での使用もできちゃう。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

audio-technica AT2020USB+
価格:16500円(税込、送料無料) (2021/5/9時点)








ということで

ゲーム実況友達とVCしながらゲームなど

良いマイクを使いたいなら




ぜひコンデンサーマイクを買ってみてはいかがでしょうか!












ゲームランキング

↑このページのトップヘ